再生因子とは

元来、医療の現場で病気を治すために研究されていた「再生因子」。
これは化粧品業界では有名なアンチエイジングための細胞増殖因子
(グロスファクター)とは異なる新素材で、体内に元々存在し、壊れ
てしまった細胞を修復する「幹細胞」から生まれるたんぱく質のこと。
皮膚はもちろんのこと血管や骨、臓器までも再生が可能な万能因子です。


ブタ由来細胞培養上清を使用。培養上清とは幹細胞を血清で培養後、遠心分離によりとりだした、大変貴重なジェネティックファクターを含む上澄み液のことです。最先端の再生医療の研究所からうまれたものだからこそ、今までの化粧品にはできなかった壁を越えました。


最先端の再生医療研究室からうまれたジェネティックファクターだからできること。プレンツェルシリーズの主成分であるブタ由来細胞培養上清は、通常の化粧品製造レベルをはるかに超えたGM(医薬品適正製造準)の品質管理基準を持った国内培養施設で製造。医療と同レベルの安全性テストをクリアしているので安心してお使いいただけます。
成長因子に代表されるEGFの殆どは流体培養なのに対し、ジェネテッィクファクターはクリーンルームで血清を使い接地培養しています。ウイルスフリーテストをはじめ、数々の検査を行い品質を管理しています。また通常、熱処理するのが一般的な化粧品の滅菌処理ですが、ジェネティックファクターはタンパク質のため凍結乾燥することで高品質を担保しています。

再生因子美容法は「最先端」「安全性」「活性」が最も高い化粧品です。厳格な基準を満たした設備と管理体制の元で培養された幹細胞培養上清を作り、医療品生成工場で凍結乾燥をした国内外を含めて希少な高度設備において製造された製品です。プレンツェルは、医療レベルの無菌室で細胞培養され、原料のウイルスフリーテストなどをされ、クリーンルーム内の凍結乾燥機で完全管理のもと一本一本を充填し真空密封します。今は廃止された厚生省指定成分表示義務に列記されたアレルゲン成分は一切使用していません。化粧品という概念を超えた安全性と完成度を満たした製品です。


最先端の再生医療の研究室である株式会社クオリーメンの研究によりうまれた、EGF・.IGF等の成長因子(=グロスファクター)の働きをはるかに超える、成長因子500種以上の細胞再生因子総合体(=ジェネティックファクター®)です。 最新の研究では、ジェネティックファクター®療法は幹細胞やiPS細胞をつかった細胞療法と、同等同様の効果があることがわかりました。さらにiPS細胞等の細胞療法は、実用化に向け多くの課題がある中、ジェネティックファクター®療法は、細胞を使うことがない為、倫理的な問題や、拒否反応などの問題をクリアしています。

年齢性別を問わず、いつまでも若々しく、美しく、健康でありたいと思うのは人類の望みです。美容と医療。心身共に健やかな生き方を目指すこの関係は、『細胞を再生する因子』ジェネティックファクター®でつなぐことができます。