再生因子美容

再生医療で可能となる
皮膚や頭皮の再生アプローチ

サロンで手軽に受けられるその理由は?

  • No.1 ブタ由来(※1)の製剤原料を使用することで美容業界での使用が可能に!
  • No.2 成長因子(※2)では単一成分だけだったが数百種類を複合的にすることが可能に!
  • No.3 同一の幹細胞(※3)を使用することで安定した製品の供給が可能に!
  • No.4 医療レベルの製造管理により安全で品質の高い再生因子が可能に!
  • No.5 再生因子の量産化実現で大幅にコスト削減が可能に!
  • ※1 ヒト由来の原料は医療分野のみ使用可能
  • ※2 成長因子とは特定の細胞の増殖、分化を促進する単体のタンパク質の総称。(EGF、FGF、IGFなど)
  • ※3 分裂して自分と同じ細胞を作る能力(自己複製能)と、別の種類の細胞に分化する能力を持つ万能細胞



 
ジェネティックファクター(再生因子)配合

ジェネティックファクターはブタ由来幹細胞を血清で培養後、遠心分離によりとりだした大変貴重な上澄み液からつくられます。幹細胞が産生するグロスファクター(成長因子)を数百種類含んでおり、単一でも充分作用の高いといわれるEGFやFGF、IGFはその中のひとつの成分でしかありません。

防腐剤・酸化防止剤など添加物を
一切使用しません

プレンツェルの主原料であるジェネティックファクターは医薬レベルの無菌室で培養し、ウイルスフリーテストをはじめ数多くの検査を行い品質を管理しています。さらに適切な管理基準を持ったクリーンルーム内の凍結乾燥機を用いて品質管理された状態での製造を行い、1本1本窒素置換し密封しています。

美容成分を深部まで届ける
デリバリーシステム

*国際特許出願中(PCT/2013/053094)
ジェネティックファクターは微分子の水に溶けイオン化します。マイナスイオンチャージ化した専用液にジェネティックファクターを溶かし電気的な作用をつかってフェイシャル全体のトリートメント作用を一層高めます。その作用は塗布だけに比べ数十倍から数百倍といわれています。



  • Point1 自らが元々持っている力を活性させて若返る
  • Point2 メスで肌を傷つけない、安心の施術法
  • Point3 時間をかけ、ゆっくりと着実に若返る
  • Point4 長い期間作用が感じられ、作用が持続
     *作用には個人差があります。
  • Point5 皮膚表面ではなく皮下組織にアプローチ
  • Point6 腫れや痛みの心配がない

低周波トリートメントとして、「再生因子」の培養上清液と水(電解還元イオン水)を使用し、イオン導入します。ジェネティックファクター®は微分子の水に溶けイオン化します。マイナスイオン化した専用液にジェネティックファクター®を溶かし、電気的な作用を使って頭皮に注入しトリートメント作用を高めます。それにより、肌や髪を活性化させることができます。皮膚表面ではなく、細胞レベルの活性を促します。10年前の自分に・・・まさに究極のアンチエイジング法です。